Topics

空室情報 KAWARAMACHI PLACE空室情報 [2005/11/30]
募集をしておりました、KAWARAMACHI PLACE 701号室の募集は終了いたしました。
たくさんのお問合せをいただきありがとうございました!
ただいまKAWARAMACHI PLACEは満室となっております。
空き予定が出ましたらお知らせさせていただきますのでお待ちください!
また、ご希望の方にはパンフレット等の資料送付や空室情報のメール配信などを行っております。
是非マンション詳細情報のお問合せフォームよりお気軽にお問合せくださいませ。
お電話でのお問合せもお待ちしております。TEL:075-361-0106

ニュース 長谷ビルディンググループの新しいウェブサイトがオープンしました! [2005/10/31]
長谷ビルディンググループのウェブサイトがリニューアルいたしました。たくさんの写真や、スタッフのホットな声とともにグループの情報をより詳しく、新しい情報をお届けいたします。
オフィスビル・マンション・駐車場情報は、検索機能や、専用のお問合せフォームを設け、よりピンポイントでの最新情報をお客様へ。グループ情報等その他、弊社の行う様々なプロジェクトなども交えてボリュームアップしております。
是非、ご覧ください。 →長谷ビルディンググループ ウェブサイトトップへ

空室情報 大阪エリア最新空室情報! [2005/10/31]
大阪のビジネスエリアにある3棟の長谷ビルでは、現在大規模スペースのテナントを募集しております。
各ビルともに駅からのアクセスも大変良好!小さい坪数から大きい坪数までバリエーション豊富に分割も可能ですので、ご希望の広さに合せてご提案させていただきます。是非一度、各ビル詳細情報をご覧ください。
お急ぎの方は、お電話:06-6271-3271まで、又はお問合せフォームからどうぞ

『各ビルの主な空室情報』
●大阪長谷ビル(中央区・大阪市営地下鉄御堂筋線「本町駅」徒歩5分)
  4階150坪(フリーアクセスフロア)/5階70坪  ・・・・その他の空室情報はこちら

●新大阪長谷ビル(淀川区・大阪市営地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」からすぐ近く。JR新大阪駅徒歩圏内)
  8階94坪/7階69坪/4階21坪       ・・・・・その他の空室情報はこちら

●四つ橋MT長谷ビル(西区・大阪市営地下鉄四つ橋線「四ツ橋駅」直結ビル)
  7階63.5坪                    ・・・・・その他の空室情報はこちら

空室情報 KAWARAMACHI PLACE 空室情報 [2005/10/31]
701号室(広さ38.65m2 賃料92,000- 共益費8,000-) 12月初旬入居可能予定!

KAWARAMACHI PLACEに空き予定がでました。
7階EAST棟、東側が全面ガラス張りで開放感あふれるとても気持ちが良いお部屋です。
鴨川のゆったりした流れにぼんやりと目をやったり、これからの季節は、東山が赤色に色づく様子を眺めるのも楽しみです。心地よく差し込む太陽の光と、京都ならではの絶景を満喫できる贅沢なお部屋―。
お一人でも、仲良くお二人住まいでもどうぞ。
是非マンション詳細情報をご覧ください。

空室情報 KOBUNACHO HOUSE 空室情報 [2005/10/31]
201号室(広さ:68.27m2 賃料:240,000- 共益費:10,000-) 11月初旬入居可能予定!

東京都中央区日本橋にあるKOBUNACHO HOUSE 201号室が、空室となりました。
201号室は、1~2階のメゾネットタイプ。お部屋は68.27m2と広く、2階がお部屋の入口で、1階へ降りるという動線が面白いタイプです。
木の素材を活かした、収納スペースが壁面の至る所についていますので、お荷物が多くても楽々収納が可能です。
SOHOタイプとしてもおすすめの物件です。2階部分は南側が全面ガラス張りですから、見せるインテリアでショールームのようにもお使いいただけます。詳しくは、マンション詳細情報をご覧ください。

ニュース Yanaginobanba Work-Siteがグッドデザイン賞を受賞しました! [2005/10/25]
住居兼事務所であった建物を、リノベーションしたのが平成16年7月。隣地が小学校という立地を活かして、児童の活動や学校の風景を借景としたオフィスビル「Yanaginobanba Work-Site」が2005年度グッドデザイン賞を受賞しました。
小学校のグラウンドに面した建物北側外壁を全面撤去し、ガラスの無双窓を取り付けることにより採光を充分に確保できた他、外気が隙間からゆるやかに出入りするこの構造は、児童の活気ある声をオフィスビル内にたっぷりと運んできます。無双窓を配したガラス壁面の内側には、2m巾の広いテラス状の廊下。さらに廊下の内側にガラス壁を設けて、その内部を執務空間としています。
Yanaginobanba Work-Siteの詳細はYanaginobanba Work-Site プロジェクトページよりご覧いただけます。是非一度ご覧ください。

イベント情報 京都デザイナーズウィークがTearaimizu-cho Place(仮称)にて開催されました。 [2005/10/16]
Tearaimizu-cho Place(旧北國銀行)を再生利用したいという弊社の思いと、京都デザイナーズウィークの開催時期が偶然にも重なり、平成17年10月13日~平成17年10月16日までの4日間、メイン会場として使用されました。20年前に東京でスタートしたデザイナーズウィークが京都でも開催されるようになり、そこにスペースの提供という形で参加できることは、私たちにとってとても貴重な体験でした。多くの方に訪れて頂いた喜びを感じつつ、今後のTearaimizu-cho Place(旧北國銀行)のあり方を探求できる嬉しい機会となりました。
今後は、大正5年の竣工以来、銀行として機能してきた建造物に、どのような空間価値を与えて再生するべきかを検討して参ります。  
Tearaimizu-cho Place(仮称)の詳細情報はこちらからご覧いただけます。

ニュース Yanaginobanba Work-Siteが新建築2005年3月号に掲載されました。 [2005/3/8]
昨年夏、完成間もなく京都新聞に掲載された、Yanaginobanba Work-Site(京都市中京区柳馬場夷川上ル)が、建築雑誌『新建築』(2005年3月号)に掲載されました。
誌面では、標準的なオフィスに求められる条件にこだわることなく、自由な遊び心ある発想で、徐々に構想がねられていった流れが、当建物の設計を担当した河井敏明氏により語られています。ガラスの無双窓(ガラスを格子状に配して隙間を作り、風の通り道を作ったもの)の写真は、そのフォルムも美しく掲載され、見ごたえがあります。
詳細については、Yanaginobanba Work-Site プロジェクトページを是非ご覧ください。