HASE BUILDING GROUP お問い合わせ
特集記事「景観デザインの可能性」
市街地に建つタワーパーキングの多くは、壁面に駐車場の名前や設備メーカー名が大きくかかれており、周辺景観への配慮はあまりされていないように感じます。街に建つボリュームの大きいものであるのに、利便性、収益性だけを求めるタワーパーキングのあり方に少しの疑問を持ちました。
街を形作る建物のひとつとして、何か新しい価値を見出せないだろうかー。
そこで今まで軽視されてきた景観への配慮に目を向けてみました。
都市景観に配慮し、なおかつ季節によっての表情を楽しめる、緑を取り入れた新しいタワーパーキング。
内部に納まる設備機器を始め、メカニズムから寸法までが規格の決まった製品です。
ですが、外装については規制もなく何かアイディアを盛り込むことができるー。
タワーの外壁についてはメーカー指定色の深緑色を使用し、その外を覆う素材として黄緑色のパンチングメタルを起用。
NEXT