HASE BUILDING GROUP お問い合わせ
京都らしさのカタチ 4つのキーワード
現代の京都において、中高層建築物の必要性と存在意義を見出すことが求められます。日本の建築物において「木」という素材はなくてはならない存在です。「木」を用いる事は和文化の中心としての歴史と伝統を有する京都において、必然と言えます。木のビル、それは京都の街並みとの調和を図る中高層ビルデザインの新しい可能性です。
トップページへ
COPYRIGHT(c)2008,HASE BUILDING GROUP. ALL RIGHT RESERVED. CLOSE